ぼっち席 Seats for loners

最近[さいきん]、朝日[あさひ]新聞[しんぶん]を読[]みました。日本人[にほんじん]の気質[きしつ] (=mentality)を表[あらわ]す(と私[わたし]は思[おも]います!)おもしろい記事[きじ] (= article)を見[]つけました。

I read an interesting report which somehow presents (I think!) Japanese mentality on Asahi Shimbun Newspaper the other day.

 

記事[きじ]は「ぼっち席[せき]」についてです。「ぼっち」は日本語[にほんご]の「ひとりぼっち(= being alone)」、席[せき]はその名[]の通[とお]り、seatです。「ぼっち席[せき]」という席[せき]が、京都[きょうと]大学[だいがく]の学生[がくせい]食堂[しょくどう] (= student cafeteria)に現[あらわ]れた(= appeared)、という記事[きじ]です。簡単[かんたん]に言[]うと、1人で食事[しょくじ]をしたい人[ひと]のための席[せき]です。ウェブサイトのこのページにアクセスして、「ぼっち席[せき]」の写真[しゃしん]を見[]てください。

食堂[しょくどう]に行[]って、1人で座[すわ]って、食[]べればいいのでは?と思[おも]うかもしれません。日本人[にほんじん]の中[なか]には「1人で座[すわ]って食[]べていると、友[とも]だちがいないと思[おも]われて格好[かっこう][わる]い(= embarrassing)」と思[おも]う人[ひと]がいます。「ぼっち席[せき]」はそういう問題[もんだい]を解決[かいけつ]して(= to solve)くれます。「ぼっち席[せき]」に座[すわ]れば「私[わたし]は1人で食[]べることを自分[じぶん]で選[えら]んだ(= chose)のだ!」ということが明[あき]らか(= obvious)です。また、急[いそ]いでいて(= in a hurry)[はや]くご飯[はん]を食[]べたいときにも「ぼっち席[せき]」は便利[べんり]です。言葉[ことば]で説明[せつめい]しなくても他[ほか]の人[ひと]に「ああ、この人[ひと]は1人で食[]べたいのだ」とわかってもらえるからです。

「ぼっち席[せき]」って変[へん]、と思[おも]うかもしれません。でも、とても人気[にんき]があるのだそうです。「ぼっち席[せき]」でご飯[はん]を食[]べてみたいですか。

 

The report is about “botch seki”. “Botch” is come from a Japanese word “hitori botch” meaning “being alone” and “seki” means “seat”. This type of seats have appeared in a student cafeteria on campus of Kyoto University, Japan. Basically these are seats arranged for people who want to eat lunch or whatever in the cafeteria alone. Please access to this page to see photos of “botch seki”.

Why don’t they just go there, sit alone and eat? Some Japanese people think it would not look right if they would do that as it might imply that you have no friends to eat with. Then tadah! – this type of “botch-seat” would scrape away such an embarrassing feeling – sitting there clearly shows that you have chosen to be there alone to eat alone! Some other Japanese also think this would be convenient when you would like to eat lunch quickly – it would send a clear message to others: you want to be there alone! The other people would conclude that you have certain reasons for wanting to be alone and they would respect your will!

You might think this is weird. Apparently these “botch seki” are quite popular. Would you like to sit there and eat alone!?

 

5 thoughts on “ぼっち席 Seats for loners”

  • Avatar

    あはは、これは面白いアイディアですよね。
    座席回転率を上げるのに効果的なのかも?
    でも京大の学生って、元々「ぼっちご飯」にはあまり抵抗がないように思っていました。中央食堂はかつて良く利用しましたが、写真で見るとかつての暗いイメージがなくなっていてびっくりです。学生のタイプも変わってきているのかも知れません。

  • Fumiko Nishimura
    Fumiko Nishimura says:

    本当に面白くて、びっくりしました。
    ぼっち席は、京都大学だけではなくて、例えば神戸大学なんかでも実施されているそうです。多分、ようこさんもご指摘のように、最近の学生のタイプはかわってきていると思います。インターネットの発達、携帯電話、スマホなどの普及でコミュニケーションのあり方がかわってきているのは間違いなく、そういうことが何らかのかたちでこのぼっち席みたいな現れ方をしているんじゃないかな〜と、何となく思っています。

  • Avatar

    One of the things I enjoy the most in Japan, is often you end up sitting next to strangers in restaurants and cafes. When a stranger sits next to me, often we end up talking and I can make a friend.
    With these ぼっち席 that wouldn’t really happen. A bit of a lost opportunity, in my opinion.

  • Fumiko Nishimura
    Fumiko Nishimura says:

    そうですね。レストランなどで相席になるのは、知らない人と友だちになるいいチャンスです。でも多くの日本人は、知らない人と話すのを好みません。
    例えばニュージーランドでは、歩いているときに、ほかの人が歩いてきたら「Hi」とか「Good morning」とあいさつをします。でも日本ではしません(山の中をハイキングしているようなときは、例外です)。
    ぼっち席は、だから、日本でとても人気があるのでしょう。おもしろいですよね。

  • Avatar

    コミュニケーションのあり方については、多少危機感を覚えます。語学以前の問題です。日本はあれでまわっているんだから、それで間に合っているのかも知れませんが。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *