入学式 Entrance ceremony

4月です。日本では4月から新しい学年暦[がくねんれき](= academic year)が始まります。そして、4月にはいつも入学式[にゅうがくしき]があります。

ニュージーランドでは、子どもは5[さい]の誕生日[たんじょうび]の次[つぎ]の日から小学校に通[かよ]い始めます。日本の小学校は、みんな4月から通い始めるんです。どの子どももスタートは同じタイミングです。それで、4月のはじめには入学式があります。ニュージーランドには卒業式[そつぎょうしき]はありますが、入学式はありません。

また在校生[ざいこうせい](= current pupils)のために、日本では始業式[しぎょうしき]があります。これは毎[まい]学期[がっき](= each term)、はじめに(= at the beginning)全校[ぜんこう]の生徒(= all school pupils)が集[あつ]まって、式をします。

日本は式が好きみたいですね。

It is April now. A new academic year has just started in Japan; Japanese schools hold an entrance ceremony in April every year.

In New Zealand, kids start going to school once they turn to five years old. In Japan, all kids start going to school in April when they are six years old; yes, everybody starts their school days at a same time. Schools welcome their new pupils by holding an entrance ceremony.  New Zealand does not hold an entrance ceremony (it does hold a graduation ceremony though).

Japan also holds a 'beginning-term' ceremony for current pupils. All pupils get together and have a ceremony to kick off their new term. The school principal often gives a speech and a few more teachers speaks there about something new/important.

Japanese people seem to like a ceremony! 

2 thoughts on “入学式 Entrance ceremony”

  • Avatar

    家の隣に保育園があって、そこにも新しい児童たちが入ってきました。みんな、お母さんから離れるのになれていないので、泣くこと、泣くこと!ww
    朝から元気な泣き声が響きます。
    この声を聞くと、なんだか楽しくなります。
    こちらは本格的に春がきました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *