Baby in the Parliament

Tamati Coffey, one of the New Zealand MPs, took his baby to the Parliament and Trevor Mallard, the Speaker, took the baby in his arm and gave him milk. ニュージーランドの国会[こっかい]議員[ぎいん](= MP)、コフィ―氏[し]が先日[せんじつ](= the other day)、国会[こっかい](= Parliament)に赤ちゃんを連[つ]れて行き、そしてマラード議長[ぎちょう](= the Speaker)が赤ちゃんにミルクをあげることがありました。

This incident gained attention from international media; BBC reported it and Asahi Shimbun Newspaper reported it! If you would like to read the article on Asahi Shimbun, here is the link.

国際[こくさい][てき]に(= internationally)注目[ちゅうもく]された(= to get attention )ようで、BBCや朝日[あさひ]新聞[しんぶん](= Asahi Shimbun Newspaper)でも記事[きじ](= article)になりました。朝日新聞の日本語の記事が読みたい人はこちらです。

2 thoughts on “Baby in the Parliament”

  • Avatar

    この記事を見た時は、本当に驚きました。うらやまし〜〜。
    こういう点は、日本はまさに後進国です。

    • Fumiko

      国会に赤ちゃんが現れるのも、マラード議長が抱っこするのも、これが初めてではなく、NZではあらまたね、という感じですが、今回はBBCとか朝日新聞とかいろいろなところで報道されたみたいですね。今回のニュースで今までの赤ちゃんと違ったのは、赤ちゃんを連れてきたコフィ議員が男性で、この赤ちゃんはコフィ議員とその夫の間の、つまりゲイのカップルの赤ちゃんだったという点でしょうか。NZでは同性結婚も認められていますので、これまた大々的にニュースにするまでもないという感じですが、他国ではそうではないかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *